アントニオ・マラス : Antonio Marras

アントニオ・マラス Antonio Marras は、1961年にイタリアのサルディニア島アルゲーロ、生地店の息子に生まれたファッション・デザイナーです。

アントニオ・マラス の創業と展開

生地屋を営んでいた家族の影響もあり、1983年に自ら衣料店を経営。1987年には、妻パトリツィアの呼びかけで、プレタポルテのコレクションを開きました。コレクションの名前は「Piano piano dolce Carlotta」。その後10年間、イタリアの有名なファッション会社数社でアドバイザーとして活躍を続け、1996年、ローマでオート・クチュール・コレクションを発表。念願の自店「アントニオ・マラス」をオープンしました。

アントニオ・マラス の故郷アルゲーロの店舗
アントニオ・マラス の故郷アルゲーロの店舗。Image processed by CodeCarvings Piczard ### FREE Community Edition ### on 2014-03-07 16:13:15Z | | via Italia – Alghero

オート・クチュールで3度のショーを経た1999年、レディースのプレタ・ポルテも始めました。翌2000年には、「トレンド・レ・コパン」のデザインをも手がけたり、サルディニア島の伝統的な技術を駆使したラボラトリオ・ラインもスタートしたりと、活躍はめざましいものでした。

2002年、ゲストとして参加したフローレンスでのピッティ・オムのコレクションで、初めてメンズ・コレクションを発表。また、2003年春夏コレクションでは、自分のコレクションで育ててきたメンズラインを独立させスタート。2003年9月には、LVMH下のケンゾーにクリエイティブ・ディレクターとして就任。ケンゾーの現代性を称賛しつつも、自身のブランドとの融合も楽しみたいというアントニオ・マラス。

2007年5月、アントニオ・マラスはセカンド・ラインの ISOLA MARRAS を公開し、2008-2009年秋冬シーズンにオープンしました。その後、ミラノに本部を設立しました。アントニオ・マラスは故郷のアルゲーロで暮らすことを諦めず、当地からミラノとパリへ頻繁に行きますが、創造力、インスピレーション、素材を求めて故郷によく戻ります。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/23