アナスイ : Anna Sui

アナスイ Anna Sui は、1955年にアメリカのミシガン州の中国系アメリカ人の家庭に生まれるたファッション・デザイナー。

スタンプやコインなどのコレクターだった母の影響のもと、5歳の頃からファッションページをクリップしはじめ、デザイナーを夢に。ファッションへのパッションは、もっぱら『ヴォーグ』から膨らませた。ミシガン州デトロイトの高校を卒業後、1973年から2年間、ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインで学ぶ。70年代のニューヨーク・パンクシーンの影響を強く受ける。また、パーソンズでは、後に共同制作者となるスティーブン・マイゼルと親友になった。

卒業後、ジュニア向けのスポーツ・ウェアの会社や、イタリアのファッション雑誌『レイ』のスタイリストなどを経る。『レイ』では、シューティングで、既に写真家として活躍していたスティーブン・マイゼルのスタイリストもした。

1981年に、友人たちと、小さなブティック・ショーを開く。友人たちは、ジュエリー、ハンドバッグなどを作成。アナスイは、5・6着の服を発表し、これらは、メーシーズとブルーミングデールズに売れた。これが、メーシーズのクリスマス・ウィンドウを飾ることとなり、『ニューヨーク・タイムズ』でメーシーの広告ともなった。同年から、アパートの自室で受注開始。

1980年代後半には、若手デザイナーを育てるアネット・ブランデルに援助を受け、1991年、先のマイゼルや、当時『』アメリカ版のファッション・ディレクターだった、ポール・カバコ、モデルの友人ナオミ、リンダ、クリスティらの協力によって、初のランウェイ・ショーを開催。ナオミら3人は、服と引換に無料でショーに出演した女の子だった。

このショーは、『ニューヨーク・タイムズ』で「ヒップなパスティシュ」と評され、1990年代のレトロ・スタイルの先鞭を切った。当時のモデル・ブームにも乗って、アナスイの服を着たナオミたちの人気や、グランジ、パンク・リヴァイバルの波とも呼応し、ミュージック・シーンに敏感なアナスイのショーは、注目され続けた。

1992年、ニューヨークのソーホー、グリーン通り113番地に、新しいブティックをオープン。翌1993年には、CFDAペリー・エリス賞を受賞した。日本での店舗は、1997年5月の表参道が最初で、同年秋には大阪の心斎橋で店を開いた。2番目の大阪店は2000年(この大阪店は、アナスイ・ブランドとライフスタイルの継続的な世界的な拡大がテーマ)。伊勢丹がコレクションの主なライセンスを取得しており、「Mammina」(伊勢丹の子会社)がライセンス部門とスペシャリティー・ストアのディストリビュータを引き受けている。

同じ1997年、アナスイ・シューズを初披露。イタリア・ベニスの靴職人 Ballin によってデザインされたアナスイのコレクションは、ベルベット、絹、エナメル革、蛇、トカゲの皮、毛を1回刈った羊、スウェードなどを含んだ包括的なスタイルだった。

1998年春夏コレクションでは、チベット、ハワイ、カリブ、バリ、日本の民俗衣装に影響されたフォークロア調のプリントを入れ、一層、厚みのある内容を示した。翌1999年には、ハリウッド西部のサンセット・プラザで、ロサンゼルス店をオープン。

アナスイの躍進は続き、既に1997年、にドイツのウエラ社とライセンス契約をしていた香水は、1999年に製造開始。同時に、化粧品ラインもスタートした。ウエラは、現在、アナスイ・ビューティーのうち、アナスイ・カラー化粧品とスキンケア・ライセンスを、日本の化粧品メーカー「アルビオン」と提携し、アルビオンがアナスイ・カラーを国内とウエラ社に販売し、ウエラ社はドイツ国内と「アルビオン」に対し、スキンケアを販売するという方法が採用されている。

2000年秋には、香水のセカンドライン「スイ・ドリーム」が世界中でスタート。

アナスイの顧客は、パトリシア・アークェット、クリスティーナ・リッチ、シェール、ナオミ・キャンベル、ソフィアコッポラたち。

ダウンタウン・ボヘミアン・ルックを貫く彼女のモットーは、「Live yourdream.」(あなたの夢を生きて)。

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。