中森明菜 Desire : ニュー・キモノの例

中森明菜は Desire の曲だけ、テレビでもシングル・レコードのジャケットでもニュー・キモノを着ていました。しかし、中森明菜を例に出してニュー・キモノがブームになったとか、今後も着物・浴衣の復活可能性はあるとか言われても、薄幸・明菜のファンだった私としては…

Desire との対比。中森明菜 Tango Noir のジャケット : Akina Nakamori
中森明菜 Tango Noir のジャケット

中森明菜 Desire とニュー・キモノ

着物会社やまとの社長・矢嶋孝敏氏と経済学者の伊藤元重氏の対談集『きもの文化と日本』。《キモノは戦後でもそこそこ着られていて、ニューキモノはブームになったこともある。今後、ユカタなどカジュアル衣料品だけでも人気が復活してほしい》というのが両者の趣旨。〔私の書評はこちら

確かに、1985年頃から3年ほど、ニュー・キモノってブームになった気がしますし、矢嶋さんの言うように雑誌「アンアン」に掲載され、中森明菜は「Desire」の曲だけは、テレビでもシングル・レコードのジャケットでもニュー・キモノを着ていました。

中森明菜の衣服

しかし、中森明菜を例に出してニュー・キモノがブームになったとか、今後も着物・浴衣の復活可能性はあるとか言われても、薄幸・明菜のファンだった私としては…

Desire 以外、全部洋服。

これで終わるんだけど…。

この点を学生たちに強調したら、納得してくれました。

日本の企業も日本の経済学も、ブームだの火付け役だの、そんなこと大事なんかねぇ…。

ニュー・キモノと和服

中森明菜が「Desire」でニュー・キモノへのこだわりを述べた映像が次。アナウンサーは「和服」と言っています。その判断根拠が分かりませんが、衿でしょうか、帯でしょうか…。いずれにせよ、当時の感覚ではニュー・キモノではなく和服だったというのは面白い指摘です。和服が日本人のものでは無くなったことを痛感します。ちなみに、明菜がジャケットと言っているのは、シングル・レコードの表紙のことで、衣服のジャケットではありません。

次も「Disre」。相変わらず歌唱力はエグいのですが、これらの服、痛い…。夏祭りみたい…。それに、結局、ブーツかよ…。

大丸弘氏が指摘したように、「ニュー・キモノはアイデア遊び」に過ぎません。少々の衣服形態のアレンジ、そしてむしろ中心となる生地のアイデアと商法のアイデア。でも、それとて限られているので、議論は堂々巡り…。

多くの民族衣装が形態変容を遂げた20世紀転換期を念頭に、キモノは変容が小さかったので衣服形態のデザインよりも生地デザインが大事だと言われますが、そうなると、着物・和服(つまり衣服)のレベルでは無く、生地(つまり呉服)のレベルでの≪ファッション≫を語ることになってしまう。それはそれで良いんですが、ならば、服を語るように見せかけて生地を語るという矛盾や誤解を避けるために、ニュー・キモノではなく、ニュー・ゴフクと名付けるべき。

中森明菜 Tango Noir

というわけで、二人の対談には、これをぶつけたくなります。

この映像で言われている Tango Noir のレコーディング時間28分。10代の頃には凄さが分かりませんでしたが、今更ながら驚いています。

映像ごとに別人になれる明菜を見ると、歌手活動だけじゃなくて果敢に映画へチャレンジしてほしいと思います。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/06/11