中国服装史

本書は著者が大学で教えてきたテキストを要約したもので、非常に丁寧に叙述されています。

旗袍が書かれている個所は次の3か所です。

  • 第七章「清代の服装」、第三節「融合に向かう満州族と漢民族の女子の服装」
  • 第八章「二十世紀前半の漢民族の服装」、第三節「女子の襖、と旗袍」
  • 第十章「二十世紀後半の服装」、第五節「職業別の服装の登場」

著者(または訳者)は、第七章「清代の服装」で、20世紀を扱った第八章と第十章ではチーパオと使い分けているのが巧みです。中国では旗袍という言葉が20世紀にも使われましたが、清朝期の旗袍と20世紀の旗袍では同じ部分と異なる部分があり、その点に著者と訳者は敏感だということがわかります。旗袍の簡単な説明はこちらをご参照ください

以下、旗袍に関する本書の内容を簡単に紹介します。

綿入、太い縁取りが特徴の清代旗袍 via 旗袍百年變奏 展現中國古典美 – 太陽報

八旗(女真族の社会組織)や皇族の婦人の朝服は男性とほぼ同じでしたが、霞帔(かひ)は女性専用の物でした。霞帔は鳳冠霞帔(ほうかんかひ)として冠につけられた飾りです。八旗女性は普段から袍や衫を着ました。清代初期の袍や衫はゆったりしたものでしたが、後にまっすぐで筒のような形になりました。胸・肩・腰・尻が平らで直線的な清代旗袍が出来上がっていきます。清代に併用されたアイテムにはチョッキ、馬掛、マフラーがありました(本書175-176, 197頁)。

八旗に所属しない女真族(満族)女性も丈の長い筒型の袍を着ていました。ですので、八旗への所属を問わず女真族女性の袍全体を旗袍とよぶこともあります。

1911・12年の辛亥革命以降に身分制は徐々に取り払われていき、中華民国期の一大服制改革が導入された1929年からは、新型旗袍が登場しました。満漢の民族を問わずに女性へ普及していき、袖口と縁取りが徐々に細くなりました。それまで袖や身頃が直線で平面的だった旗袍が20年代末から曲線的なラインをもつようになります。洋裁の導入です。それとともに、旗袍の特徴の一つ、斜めの襟が強調されるようになりました(本書196-199頁)。

鳳冠霞帔が無くなり、代わりに肩掛、マフラー、手袋、指輪、耳輪、コート、セーターなどが併用されました。また写真にあるように、パーマをあてたり、ハイ・ヒールを履いたりする場合も多く、ギャルソンヌまたはモダン・ガールの象徴的な姿としても旗袍は一世を風靡していきました。

1980年代頃から旗袍は中国大陸、、台湾などで着られることが減っていきました。それとともにかなり量産タイプの陳腐な旗袍が、、ホテルなどの案内係の制服として着用されるようになっていきます。著者の華梅氏は旗袍が史上最低の地位へ転落したと嘆いています(本書317-318頁)。

写真出典

  1. 满族的常见发型-中国地名文化网 – http://www.redchina.tv/minzu/manzu/2010/11/11/1417236339_4.html
  2. The Roaring Twenties // Chinese woman in the 1920s满族的常见发型-中国地名文化网 – http://1920sxfashionxstyle.tumblr.com/post/19727722309/chinese-woman-in-the-1920s

保存

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。