チャイナドレスをまとう女性たち

チャイナドレスの中国語は旗袍(チーパオ)。中国国内のデパートや高級レストランで見ることの多い旗袍は、日本でも人気が高いです。使われている素材は、絹からポリエステルまで様々で、柄にあっては、さらに多種多様にあります。

謝黎『チャイナドレスをまとう女性たち―旗袍にみる中国の近・現代―』青弓社、2004年

ところが、チャイナドレスの人気に比べて、その歴史は実態があまり知られていません。中国内の繁華街や田舎の町を歩いても旗袍を着た女性を見ることはできません。このことは、日本の着物が伝統着として位置づけられてきたにもかかわらず、20世紀後半には家庭内からも姿を消した状況と似ています。筆者がこだわるのは、チャイナドレスもまた着物と同様に、洋服の流入とともに改めて「伝統」のレッテルを貼られた運命にあることです。

旗袍の原形は、満州王朝(清王朝が時間的に直近)の「旗人」にあります。古代から現在まで連綿と引き継がれてきたかの印象を受ける旗袍ですが、実際はそうではなく、漢民族が圧倒的に多い中国にあって、今では少数民族に属する満族の服装でした。このような問題関心に基づき、本書は、同時代の広告や雑誌記事を参照して社会史的な関心を合わせながら、近代における旗袍女性(モダン・ガールや新女性)と「伝統の創造」の関係を追っています。

謝黎『チャイナドレスをまとう女性たち―旗袍にみる中国の近・現代―』青弓社、2004年


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2016/12/27
[更新日]2017/05/29