ファッションクロノロジー

ファッションクロノロジー は、1800年~37年のRegency & Romantic(リージェンシー&ロマンティック)から掘り起こし、1985~2020年のRetro & Revolution(レトロとレボリューション)までのファッションの歴史をたどっています。写真を豊富に掲載し、代表的な衣装や化粧などを丁寧に説明しているので、ファッション年代記がよく分かります。原書名はFashion: A Visual History: From Regency & Romance to Retro & Revolution。著者のNJ Stevensonは、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業し、1996年からファッション・ライターやスタイリストとして活躍しています。そのため本書はイギリスを中心としたファッション史になっています。その分、西洋服装史と題したヨーロッパてんこ盛りのファッション史の図書類よりも遥かに分かりやすいです。

NJ・スティーヴンソン『ファッションクロノロジー』古賀令子訳、文化出版局、2013年

1960年代を例にとりますと、まずIntroduction(イントロダクション)があり、当時の世界情勢の不安と若者文化の台頭が述べられています。次いで、以下のテーマが2ページずつ、図版と説明で埋め尽くされていきます。The Shift Dress, early 1960s(シフトドレス・1960年代前半)、Mary Quant b.1934(マリー・クワント・1934年生まれ)、The  Mini mid-1960s(ミニ・1960年代中頃)、The Sixties Female(1960年代の女性服)、André Courrèges b.1923(アンドレ・クレージュ・1923年生まれ)、The Space-Age Outfit 1964-69(スペースエージの服装 1964~1969年)、Provocation 1964-1969(挑発・1964~1969年)。

Blow-Up (c) 1966 Supplementary Material Compilation (c) Turner Entertainment Co.
Blow-Up (c) 1966 Supplementary Material Compilation (c) Turner Entertainment Co.

この内、The Mini mid-1960s(ミニ・1960年代中頃)は、イギリスの画期的なファッション時期を指すThe Swinging Sixties(スウィンギング・シクスティーズ)を取り上げ、その状況下でミニがロンドンを拠点に展開した点を強調。イギリスの設計師(デザイナー)たちが宣伝をするためにモデル達を連れてアメリカ旅行をしたと述べられています。かつてガブリエル・シャネルポール・ポワレたちも宣伝にアメリカへ行ったことが思い出されます。そこで紹介されている写真やイラストは、ミニ・スカートのスケッチ(マリー・クワント)、綿印刷を素材にしたミニ・ドレス(オジー・クラークとセリア・バートウェル)、紫スウェードの長袖ミニ・ドレス(ジーン・ミュア)、ポップアート柄の麻ミニ・ドレス(マリアン・フォールとサリー・タフィン)、ユースクエイクの設計師として有名なベッツィー・ジョンソンの横縞Aラインのミニ・ドレス、以上です。イギリスの設計師たちの作品と説明に集中しています。

次のThe Sixties Female(1960年代の女性服)では60年代のモデルで最も有名な、ロンドン北のニースデン出身のツィギー(レズリー・ホーンビー)が取り上げられています。ツィギーの1枚の写真を大きく載せ、それをヘア、アイメークアップ、靴、ベビードール・ドレスの4つに分けて解説。ツィギーは痩せこけた不格好な体型をしていましたが、見方を変えると、脚が長くChild-Woman silhouette(子供女性の輪郭)で中性的な印象ももつとして、爆発的人気が出たと結んでいます。アメリカでは1930年代以降から盛り上がった乳房が美的基準になっていましたが、イギリスでは少なくとも60年代に胸部は強調されていません(フランスでも)。

そして、ようやくフランスのアンドレ・クレージュ André Courrèges (1923年生)。土木工学やル・コルビジェの建築等に関心の強かったクレージュの略伝が前半で述べられ、次いで作品の傾向へと話は流れます。しかし、クレージュで必ず述べられるミニ・スカートやミニ・ドレスに関する記述が一切ありません…。あくまでも著者にとってミニの根源はロンドンにあるようです。それ以外ではクレージュの主な傾向がきちんと押さえられていて、ミニの叙述が無い分、あまり述べられたことのない配色の上手さ、「縁や胸のシームを得意のくるみ仕上げで目立たせ」る手法(つまり縁取り=パイピング)、67年の全身網タイツの発表などに触れています。

knitted catsuit, Andre Courreges
アンドレ・クレージュ(André Courrèges / Andre Courreges)制作のニット製キャット・スーツ。knitted catsuit by Andre Courreges via 1960s | Vintage North

著者はアンドレ・クレージュのミニ開発を前否定している訳では、もちろんありません。クレージュのミニには新たな素材を用いた斬新性がある点(184頁)、ミニ・スカートの裁縫師として活躍したがために盗用に悩まされ、1965年に事業の大部分をロレアル社に売却した点、その直後からキャット・スーツ、バニー・スーツ(白のサテン)、カットアウト・ドレス等の衣装を制作していった点(187頁)等が明記されています。

最後に、本書の醍醐味は、やはりイギリスを中心に描いたファッション史という点です。その分、広がりは無くても、衣装の展開を明確に辿ることができます。

NJ・スティーヴンソン『ファッションクロノロジー』古賀令子訳、文化出版局、2013年


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/01/19
[更新日]2017/05/24