世界旅行 民族の暮らし 着る・飾る : 民族衣装 を教えてくれる本

民族衣装 の本はいくつか持っているので不要かと思いながら確認すると、責任編集者に 大丸弘 と記されているので迷わず購入。出版された1982年当時、国立民族学博物館の新進気鋭を集めた図鑑であり、硬質な論文集でもあります。梅田の古本屋にて購入(2013.03.06)。

梅棹忠夫監修 大丸弘 責任編集 『世界旅行―民族の暮らし1―着る・飾る』JTBパブリッシング、1982年 民族衣装
梅棹忠夫監修・大丸弘責任編集『世界旅行―民族の暮らし1―着る・飾る』JTBパブリッシング、1982年

梅棹忠夫監修・大丸弘責任編集『世界旅行―民族の暮らし1―着る・飾る』JTBパブリッシング、1982年

服飾史研究で最も厳密で実証的な大丸弘の諸研究に私は高く評価をしてきましたが、今回も、20世紀を捉えた民族衣装の流行としてキモノが大きく乗り遅れた点を指摘し、ほとんど検討するに値しないという扱いをしており、きわめて正当な服飾史評価を下していました。このような観点が1980年代に提起されているにもかかわらず、小泉和子さんのようなキモノを回顧的に述べ写真を羅列するに留まる著書がしばしば刊行される点を見ていると、歯がゆい感じがしますね。

大丸さんの民族衣装に関する論点を以下に紹介しましょう。

生活観を反映する民族服(大丸弘) : 民族衣装 に関する大丸弘の論点

「固定観念の呪縛からの解放―日本・変化に背を向けたキモノー」項

わたしたちのキモノは、いまどんな状況にあるのだろうか。(中略)こんにちは、欧米の大都市でなら、既製のキモノを手に入れるのは、それほどむずかしくはない。一般に欧米人は、キモノをネグリジェ風のガウンとかんがえているので、わたしたちからみるとややだらしのないような着かたも、かれらにとっては、キモノの魅力のひとつであるらしい。ある人はそれを、日本の民族衣装についてのかれらの無知にもとづく、としているが、しかしはたして、そうとばかりいえるものだろうか。(梅棹忠夫監修・大丸弘責任編集『世界旅行―民族の暮らし 1 着る・飾る―民族衣装と装身具のすべて―』日本交通公社出版事業部、1982年、19頁)

これが大丸さんの問題提起です。

ちなみに、「キモノをネグリジェ風のガウン」とした欧米人たちが連袖を「キモノ・スリーブ」と呼んだことで、逆に日本人がそれに喜んでしまって「キモノ・スリーブ」を誤解するようになりました。この点については、「キモノ・スリーブ」の記事をご覧ください。

キモノをだらしなく着るという欧米での利用法は、歴史的にみると一面では正解です。普段着であった小袖風の衣装が農作業に利用されていたことは、日本衣服史の教えるところです。このような着用は戦後でも見受けられたものですね。近世では、この小袖のうち袂が下に延長したものがいわゆる振袖で、これの着用については武家及び農家・商家の上流婦女に限られていたというのも通説。

問題は、キモノや振袖がだらしなく着ることを拒んだ転換期があるということ。この転換期は、大丸弘の諸論文で検証され、それが1900年から1910年までの間だと要約されました。つまり、「ある人はそれを、日本の民族衣装についてのかれらの無知にもとづく」と見るキモノ肯定派の見解は、実は歴史的根拠の乏しい(浅い)ものということになります。

なるほど過去一世紀、和服じたいにはめだつような変化は、なかったかもしれない。しかし変化がちいさかあったことは、変化の余地のないほど完成しているというより、変化の必要性から、和服は顔をそむけてしまった、といえるのではないか。(中略)幕末から現代までのあいだに、日本人の生活は大きく変わった。けれども和服はそれほど変わらなかった。それは和服が、衣生活の全面戦争から撤退し、ほそぼそとした局地戦のうちに、自分をとじこめてしまったためではないのか。(同上)

つまり、この1世紀の間、変化の乏しかった民族衣装のキモノ(和服)は、もともとの完成度が高いからではなく、20世紀の幕開けとともに生じた民俗衣装の変貌に対して背を向けたから、変化が少なかったのだということです。

長じゅばんにせよ上着にせよ、じつにたくさんの実用新案や個人的アイデアの仕掛けが、縫製のうえにも着想のうえにもあって、いわばそういうたくさんの仕掛けにささえられて、やっとのことであの振袖すがたはなりたっているともいえる。完成とはある意味での単純さであるという。してみれば、この種の和服は、完成などとはほど遠いと、いわざるをえない。(同上)

キモノを取り巻く幻想の構造が指摘されています。

種々の仕掛けによって民族衣装のキモノは「よい品」という幻想の下で高額になっていきます。また、中間仕掛けが増えることは完成していない(昔から完成していなかった)ということを意味します。そして、大丸弘は、だらしなく着ることが欧米人の錯誤ではなく、日本人にもみられた点を補足しています。

かれらは(江戸時代の人々)はわたしたちのようにとらわれてもいず、りきんでもいなかった。だからときには、いまの和服からみれば、だらしなくも着た。洗練ということはべつとして、むしろあの欧米人のキモノガウンの着こなしが、気持ちのうえではわたしたちの祖父母や、その父母たちの着こなしに、ちかいとさえいえるのではないだろうか。(同上)

このような民族衣装のキモノの呪縛性、自縄自縛性を述べた上で大丸弘は近代化と日本の文明開化について以下のように結びます。

わたしたちは、近代化という、あたらしい伝統の呪縛のもとに、この高温多湿のわが国で、ズボンとネクタイの蛮風から、ぬけだすことができない。夜明けは遠いというべきか。(同上)

1982年の衣服文化に即したこの論考で、いまだ日本及び日本人は文明開化を行なっていないという認識は鋭いです。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/16